害虫駆除・薬剤散布

キオビエダシャク

キオビエダシャク

幼虫はシャクトリムシで、頭、尻及び側面がオレンジ色で,他の部分は灰色と黒色のまだら模様をしています。成虫は、全体的に濃い紺色で、羽に黄色の帯がある美しい蛾(ガ)で、昼間飛び回ります。イヌマキの木を揺すると、幼虫が糸を吐いて垂れ下がってきます。
幼虫のみが、マキ科のイヌマキとラカンマキ、ナギの葉を食害します。その他の樹木や人体に影響はありません。

チャドクガ

チャドクガ

ドクガ科。本州以南の日本各地に分布。名前のとおりチャの害虫として知られていますが、同じツバキ科のツバキやサザンカでもよく大発生します。 この毛虫の発生が庭木としてのツバキやサザンカの最大の欠点とすらいえるほど、近年都市部でもっとも問題の大きい毛虫です。
幼虫は生育の全期間を通じて集団で生活し、成長すると体長が25mmほどになります。ツバキやサザンカの葉に毛虫が群がっていたら、 まずこの毛虫と考えて間違いありません。人を刺すのは目立って長い毛ではなく、からだ中に50万本もある微細な毒針毛です。 毒針毛は幼虫が脱いだ皮(脱皮殻)にも長い間残りますので、冬に樹を剪定しても刺されることがあります。
年2回発生し、葉の裏に生みつけられた卵塊(黄色の毛玉状)で越冬し、幼虫は5月のゴールデンウイークのころに孵化します。

ケブカトラカミキリ

ケブカトラカミキリ

カミキリムシの一種で、鹿児島県、宮崎県(県南地域)、四国に分布しています。成虫の大きさは1センチメートルほどで、全身に毛が生えており背中にはトラ模様があります。幼虫が生きているイヌマキの樹皮下を横方向に食害するため、幹にはミミズ腫れのようなあとができます。
成虫の発生期における薬剤散布が効果的であることが明らかにされていますが、現在のところ防除に使用できる登録薬剤はありません。被害木が発生源になるので、枯死木を早めに処分することが重要です。

グンバイムシ

グンバイムシ

ツツジやサツキの葉がスプレー状に白くなる。葉裏には黒い糞が点々と付着し,たいてい 微小な昆虫(最大長約4mm) がみられる。 幼虫は黒くトゲが生える。成虫は半透明,茶色の模様がある。
高温乾燥条件が続くと多発するようである。被害木は成長が衰える。
Stephanitis pyrioides
カメムシ目(Hemiptera),グンバイムシ科(Tingidae)
本州,四国,九州,琉球;ロシア極東部,朝鮮半島,台湾,中国南部,オーストラリア,ヨーロッパ。
成虫越冬。越冬場所は落葉中など。
春から秋まで葉裏で樹液を吸って加害する。この間,数世代を繰り返す
本州では古くからツツジの害虫としてよく知られている。高温乾燥条件が続くと多発するようで,被害木は成長が衰えるとされる。
北海道でも庭や公園で普通にみられるが,多発した記録はないようである。

薬剤散布価格

薬剤散布価格

料金の目安です。ボリューム及び作業性により
変動する場合があります。
御見積り可能です。
薬剤散布 1000倍液(展着剤含む) 基本料金2000円+1ℓあたり60円です。
プラス消費税が加算されます。
大切な樹木を守りましょう。
上記写真で、紹介した害虫は、現在流行している害虫です。
気をつけておいてくださいね!

お問い合わせ

設計から工事までお客様のご要望に合わせてプランニング致します。
経験豊富な庭師が『どんな庭にしたい。こんな木が好きだ。』とか
実際にお客様の声を聞かせていただき、
お客様の要望・イメージをかたちにしていきます。

TEL: 0996-22-6015FAX: 0996-22-0882

お問い合わせはこちら